腕や足を脱毛する時のメリットやデメリットとは

「腕や足を脱毛するのに興味があるけど」と、迷っている方も多いと思います。濃い体毛にコンプレックスをいだいていたり、美肌に憧れていたり、理由は人それぞれでしょう。脱毛する時に気をつけたいのが、脱毛する時に得られるメリットやデメリットをしっかりと理解することです。

そうすることで、脱毛することを決心したり、また、脱毛した後に後悔したりすることがなくなるでしょう。

時間や手間を省くことができる

今まで剛毛に費やした時間は果してどれくらいでしょうか。どんな部位でも、1日に大体0.2~0.4mm伸びます。ムダ毛処理をしたとしても、翌日の夕方になる頃には気になってしまうこともあるでしょう。全身をカミソリで剃る場合、処理にかかる時間を一日15分で、自己処理を初める年齢で多い15歳から60歳までという設定で計算すると、ムダ毛処理だけで4,100時間ほど浪費している計算に。

もちろんムダ毛処理の時間や頻度は個人差がありますが、思いがけないほど時間をかけている人も多いものです。その他にも、「カミソリや脱毛クリーム、シェーバーを買いに行く」「剛毛で悩んでいる時間」「カミソリで処理できない細かい毛は自分で抜く」などを考えると、毛に費やす時間は相当なものです。

このムダ毛処理時間を利用すれば、場合によっては資格を取ったり、自己投資、副業などに費やしたりすることもできます。

そう考えると、頭の良い人や、結果を出している人は、ムダ毛処理の時間や手間を省くことができるという理由だけで脱毛している人もいるかもしれませんね。

肌へのダメージを軽減

自分で毛を処理するとなると、どうしても肌への負担というものが出てきてしまいます。例えば「カミソリ負け」です。カミソリで剃った後に肌が痒くなったり、痛くなったり、血がでてしまったりする等は、誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。

平面に見える肌ですが、実際は細かくへこんでいたり、高くなっていたりする所があるので、丁寧に剃ったとしても、カミソリ負けしてしまうこともあります。剃った後の皮膚に小さな傷ができ、その傷から雑菌が入り、ニキビなどができる原因になることも。

また、古いカミソリには雑菌が増殖して感染症の可能性がありますし、古いことで切れ味が落ち、力を入れるので怪我をしやすくなります。さらに、カミソリは肌の表面の毛しか剃ることができないので、1日程度で次の毛が生えてきてしまうこともあるでしょう。

一方、毛を抜けば、毛根ごと引き抜くので、次の毛が生えてくるまで期間が長いですが、肌への負担も大きいのでおススメできません。皮膚に生えている毛を無理やり引っこ抜くので、皮膚の下の毛細血管に傷がついてしまいます。

毛を自分で処理すると、肌荒れ、乾燥、炎症、埋没毛、毛嚢炎、怪我など、常に肌のトラブルと隣り合わせの状態ということになります。

ムダ毛を気にせずオシャレを楽しめる

腕や足の毛は、ふとした瞬間に人の目にさらされます。冬に腕が隠れる服を着ていたとしても、腕まくりをした時に剛毛で恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。ムダ毛処理は一年中怠ることができないので、常に人の目を意識しなければなりませんが、脱毛したらその心配がなくなるので、いつでも好きなファッションを楽しむことができます。

女性なら、足の毛が原因で、スカートを掃かずにパンツスタイルやタイツを掃く人もいるでしょう。また、男性に接近する時に、ドキドキするのではなく、「ムダ毛大丈夫かな」などと思っていいると、ムードが台無しになることも。

身だしなみやおしゃれ目的で脱毛する人は多く、脱毛することでムダ毛を隠し続けなきゃいけないという悩みが解消されるようになります。さらに、脱毛には美肌効果があるというメリットもあるのです。レーザー脱毛のレーザーの光は、肌の奥まで浸透し、コラーゲンの形成が促され、新しい肌が生まれやすくなります。

肌にハリが出たり、毛穴が引き締まったり、きめ細やかな肌を手に入れたりすることもできるのです。レーザー脱毛は、色素に反応して毛根を破壊するので、メラニン色素のある黒い部分にだけ熱エネルギーを加え、肌の黒ずみやシミがなくなるという効果も期待できます。

他にも、腕や足の脱毛をすると、毛穴が見えなくなり、肌の色がワントーン明るくなったような感覚にもなります。腕や足がすべすべ、ツルツルになり、肌トラブルの心配もなくなるでしょう。

美意識が高い人は、脱毛をすればオシャレを存分に楽しむことができるようになります。

清潔感が出る

人にもよりますが、大量に毛が生えていると、「不潔」だと思われたり、「生理的に受け付けない」という悲しいレッテルを貼られたりしてしまうこともあります。清潔感はモテるために非常に重要な要素。人は本能的に「清潔感」の有無で他人を判断している所があるので、第一印象で汚いと判断されると、恋愛だけでなく仕事でも圧倒的に不利になってしまうでしょう。

また、人と関わる仕事では、何を置いても清潔感が大切です。商談相手や上司、同僚に好印象を与え、仕事の人間関係を円滑にできるということもあります。営業ではなく、オフィスワークをしても、上司や同僚と顔を合わせるならば、清潔感は必要でしょう。

脱毛して清潔感がある見た目になることは、公私ともに多大なメリットがあるのです。

脱毛のデメリットとは

まず、脱毛エステ、医療脱毛など、脱毛にはお金がかかるということです。他にも、家庭用脱毛器などは、プランや物によってかなりの高額になることもあります。生涯に使うカミソリ代、シェーバー、ジェルなどを合わせると、脱毛した方が大分お得ですが、中には自分で毛を抜いて処理したり、全くムダ毛の処理をしなかったりという人もいます。

実際に値段が高くて脱毛をしない人もいるので、結構な費用がかかるのはデメリットの一つと言えるでしょう。また、通院や家庭用脱毛器などは、時間や手間がかかるのも問題です。脱毛は一回では終わらないので、何回も通院することになり、予約の時間の調整や、脱毛完了まで1~2年かかることもあります。

さらに、全ての人に当てはまるわけではありませんが、脱毛をきっかけに体臭がキツクなってしまう人もいます。脱毛の時に使用されるレーザーやフラッシュが原因で発汗刺激を受け、汗をかきやすくなり、それが体臭に繋がるのです。

脱毛しても毛穴はしっかり残っているので、その穴に皮脂が詰まり、酸化すると、これも匂いの原因になることがあります。最後に、脱毛の場合は、毛が全く生えてこないということもデメリットです。自分では無毛で良いと思っても、相手がどう感じるかわかりません。

ムダ毛フェチの人もいますし、毛が濃いワイルドな男性が好きな人もいます。脱毛する時は、先のことを考えて、部位や範囲など、じっくり考える必要があるでしょう。

関連|1番得する脱毛入門 | 相場より安い料金で最高にキレイな全身脱毛するぞ!
http://1datsumo.com/